e工房フジサキが提供できる諸々のサービス

WordPressに特化

現代(いま)の世の中で一番普及しているHP作成ツールはWordPressだけです。その結果、WordPressで実現したい機能は、殆どネット上に存在する極めて有利な開発環境があります。

屋号はe工房フジサキ

「e工房フジサキ」の(e)は、Elementorの(e)です。Elementorとは、WordPressの最強のページ編集エディタです。そのElementorを導入したWordPrerssの制作代行をメインに事業展開しています。

WordPressに乗り換え

WordPressへの移行をご検討中のQHM/HAIKユーザー様を対象に、斬新的で新しい移行プログラムを企画提案しています。筆者のような制作代行業者に、WordPressへの移行代行を依頼する場合に一番問題となるのは、移行対象としているサイトの総ページ数になるのかと思います。

Elementorでページ編集

WordPressが易しくなったとは言え、まだまだWordPress初心者には高い壁(ハードル)が存在するのは否めません。一般的にWordPressのテキスト編集モードには、ビジュアルモードとテキストモードの2タイプの編集モードがありますが、筆者はElementorに注目しています。

賢威テーマでページ作成

筆者は、WordPressの有料テーマである「賢威」のユーザーでもあります。その「賢威8」を使った制作代行を某ユーザーさまのサイトに実装させた事例がありました。その関係で、当サイトは「賢威8」で作成しております。

コーポレートサイトのテーマ

当方の制作代行で一番多く使用しているWordPressテーマが「Lightning」です。 その「Lightning」を使用して「Lightning」見本サイトとして公開しているサイトがコチラのサイトになります。

脱イラストLPはWP2017

WordPressの公式テーマは、2017年度から1カラムのLP仕様に特化して現在のWPテーマに至っています。その共通する仕様は、スマフォを意識したLP仕様と言えます。

2017から進化したWP2019

Twenty Nineteenと言えば、2018年11月にWordPressのバージョンがVer5.0に大幅アップグレードされた際に、WordPeessの2019年度公式テーマとして公開されたユーザー待望の公式テーマでした。

My ポートフォリオ

「ポートフォリオ」とは、筆者がWordPressで作成した自前の見本サイトだったり、WordPress塾のPRサイト又はユーザー支援サイトだったりで、計9サイト存在する筆者の関連リンク集サイトです。

オンライン個人レッスン

WordPress塾の中で行われている個人レッスンですが、従来の面談形式のレッスン内容からオンラインビデオ会議の「Zoom」を取り入れた所謂「リモート・レッスン」です。

よくある質問と回答

過去に実際にあった当方への問合せ内容「QHMクラブへ入会したいのですが?」を受けて、同じ内容の質問が過去にも何度かありました。ここで筆者は例の「よくある質問」的はページの必要性を感じて当ページを用意しました。

お気軽にお問い合わせ下さい

当サイトをご覧頂き誠にありがとうございます。お仕事に関するご依頼やご質問等は、下記のメールアドレスにメール発信をお願いします。  info@fujigowp.info または、別紙専用メールフォーム(アイコンorタイトルをクリック)からメール発信願います。

What is this? ⇒
これは「イメージ・アコーディオン」の事例です。

Webの世界でアコーディオンと言うと、テキスト文書をオンマウスした時に隠れていた下層テキストが表面に現れる機能を言います。
イメージ・アコーディオンとは、オンマウス前の表のテキストを画像にして、その画像にオンマウスした時に隠れていたテキスト文言が現れるイメージです。Elementor だから出来るスゴ技です。凄いですね!