俺流 WordPress 攻略法

筆者が公開しているWordPressサイトの数が12件(見本サイトを含めたら25件)を超えました。数多く作ってみるとWordPressサイトの作り方というものが見えてきました。
WordPressサイトの構築方法には、いろいろな方法があると思いますが、筆者なりの一番簡単な方法を以下に纏めてみました。

その概略としては、WordPressのインストールから始まってナビゲーションメニュー(グローバルメニューとも呼ばれる)やサイドバー、フッター等のサイト全体の構成が分かるイメージ作りがメインとなります。

トップページの内容、下層ページの内容、ヘッダー画像等のコンテンツ作りは、当面、放っておいてサイトの枠・骨組み(スケルトン)作りに専念します。枠・骨組み作りなので固定ページは見出しだけの空データで作成します。

細かいことは脇に置いておいて大枠を決める!
正にHPのスケルトン作りに徹すること。

これだけでサイトのイメージが見えてくる。

1.WordPressのインストー ル

  1. インストール自体はサーバー内の自動インストール機能を最大限利用します。WordPressのインストーラをFTPでサーバーにアップロードする手動インストールも体験しましたが、サーバー付属の自動インストーラ機能を利用するのが最も簡単でお薦めです。
  2. データベース設定も、前記の自動インストール機能で簡単に作成できるメリットがあります。
  3. インストール完了後のアカウントやパスワード等の保存を忘れずに!

2.ダッシュボードに入る

  1. WordPressをインストールしたフォルダに以下のURLで入る。
    http://ドメイン名/格納フォルダ名/wp-login.php
  2. WordPressのダッシュボードに入って初期設定を済ませる。
  3. この場合の初期設定とはパーマリンクの設定などが考えられます。

3 .固定ページの空ページ作成

  1. ダッシュボードで最初にやることは固定ページの新規作成
  2. グローバルメニュー等で考えられる全ての固定ページを新規に作成する
  3. ページの中身は見出しのみの空データで十分とする
  4. ここまで出来ればトップページがイメージできるようになる

4 .グローバルメニューの設定

  1. 全ての固定ページでグローバルメニューを作成する
  2. その際、予め作成されていたサンプルページ等の不要ページを削除する
  3. メニューの階層化(プルダウンメニュー)も実装する

5 .サイドバーのウジェット設定

  1. ウジェット「ナビゲーションメニュー」をサイドバーに挿入する
  2. このナビゲーションメニュー・ウジェットを使用する場合には、予めメニュー設定でサイドメニューに相当するメニューを作成しておくこと
  3. 要するに、サイドバーに置くサイドメニューは、ウジェットの「ナビゲーションメニュー」で設定する

6.固定フロントページの設定

  1. 外観~カスタマイズ~ホームページ設定で右の画面に入る
  2. フロントページとして、任意の固定ページ(例えばトップ等)を設定する
  3. 投稿ページのトップとして、任意の固定ページ(例えばブログ等)を設定する

7.最後にトップページを編集

  1. 前記でフロントページとして設定した固定ページを編集する
  2. 主にトップに表示されるヘッダー画像などを設定する

この段階ではトップページのイメージ作りに集中する。トップページとナビゲーションメニュー及びサイドバーのイメージができあがれば、サイト全体のイメージが掴めることになる。

プラグイン「ELEMENTOR」の存在は大きい

なんと言っても、筆者のWordPressサイトの構築には、「ELEMENTOR」無くして語れない数々のエピソードがあります。「ELEMENTOR」を使い始めると、その使い勝手とユーザーに易しい操作に、「ELEMENTOR」の虜になること必須です。

お薦めのプラグイン

筆者がよく利用するお薦めのプラグインです。



プラグイン名機能&内容
1All-in-One WP MigrationWordPressのサーバー移設が簡単にできるプラグイン
2All-in-One WP Migration File
Extension
All-in-One WP Migration のインポートファイルサイズを増やす専用プラグイン
3BackWPupWordPressで構築したWebサイトを丸ごとバックアップできるプラグイン
4Broken Link Checkerリンク切れを自動でチェックし、修正してくれるプラグイン
5Classic EditorWordPressのバージョンを最新版にしたまま、エディターを以前のものに戻すプラグイン
6Contact Form 7WordPressに問い合わせページを作る際に非常に便利なプラグイン
7Count Per Dayシンプルながら訪問者数をカウントしてくれるプラグイン
8DeMomentSomTres Exportコンテンツの全移行は「All-in-One WP Migration」、一部移行は「DeMomentSomTres Export」
9Download Manager自分で作ったものをWebサイトに公開してダウンロードさせる「WordPress Download Manager」
10Duplicate PostWordPressの記事を複製することができるプラグイン
11
Elementor
コード不要でWordpressの固定ページをカスタマイズできるプラグイン
12Essential Addons for ElementorWPプラグインElementorをより便利に拡張するアドオン
13EWWW Image Optimizer画像を圧縮して軽量化してくれるプラグイン
14
Jetpack by WordPress.com
約30種の機能をパックにしたもの。でも本当に必要か否か不明?
15jQuery Vertical Accordion Menu
アコーディオン・メニューを実装
16MetaSliderコンテンツスライダーを簡単に作成できるプラグイン
17Really Simple SSL
常時SSL化を実装
18Shortcodes by Angie Makesショートコードを利用して記事を装飾したり、様々な機能を拡張して利用できるプラグイン
19SiteGuard WP PluginWordPressにインストールするだけで、セキュリティを向上させることができるセキュリティプラグイン
20TablePress表・テーブルの設定
21TinyMCE AdvancedWordPressのビジュアルエディタの機能を拡張することができるプラグイン。
でもElementor導入なら不要かも?
22VK All in One Expansion Unit多くのウェブサイトやブログで使用される機能を盛り込んだ統合型プラグイン
23WordPress インポートツールDeMomentSomTres ExportのExportに対するImport専用ツール
24WP Maintenance ModeWordPressのサイトを非公開にできるプラグイン
25
WP Multibyte Patch日本語版ワードプレスにデフォルトでインストールされているプラグインで、
WordPressをマルチバイト文字に最適化してくれます
26WPForms LiteWPForms は、フォームの作成、設定が「見たまま」にできて簡単です
1All In One SEO Pack
ブログ やメディアを運用する際に、面倒な SEO の設定を簡単に行ってくれる プラグイン
14Google Analytics Dashboard for WPGoogle Analyticsのアクセス解析レポートをダッシュボードに表示できるWordPressプラグイン
15 Google XML Sitemaps WordPress サイトの サイトマップ を自動で作成・通知する プラグイン