以下の3つのサイトは、共にWordPressで作成、共に賢威テーマのデザインテンプレートを使用し、共にElementorでページ編集した見本ページ3題です。

藤心DOUGAドットコム
賢威8.0スタンダード

e工房フジサキ
賢威8.0 スタンダード

藤心の開発実績一覧紹介
賢威7.0スタンダード Red

賢威だけでは、WordPressのハードルは下らない?

賢威のデザイン・テンプレートを使うメリットは、「Simple is Best」に徹した分かり易い画面構成に尽きます。ですが、閲覧者にとって分かり易い画面でも、サイトを作る側にとっては作り易い画面とは言えません。

ただ賢威を導入しただけでは、通常のWordPressページと何ら変わりはありません。
そこで登場するのがページ編集の最強プラグイン「ELEMENTOR」の登場です。

筆者のWordPressサイトでは、大半のページでその「ELEMENTOR」を導入しています。
今となっては「ELEMENTOR」を導入していないサイトをカウントした方が早いくらいまで「ELEMENTOR」が浸透しています。

将来性、拡張性、10年先にも存在するWordPress

藤心のWordPress塾は、個人レッスン付き制作代行プログラムです。QHM/HAIKは、旧メーカー(北研)が見捨てた絶滅危惧種の古いシステムです。QHM/HAIK⇒WordPressへの移行をご検討中のユーザー様、是非、この機会に当方がお薦めする移行プログラムに便乗してみては如何でしょうか?

製品納入後の個人レッスンは、ZoomやGoogle Meet等を導入したオンライン・リモート会議形式で開催し、Elementorの操作方法をレクチャー致します。以前の面談形式のレッスンではなくて、ユーザー様と一対一のレッスンですので、感染症リスクの不安も心配無用、安心してWordPressスキルを取得できます。

Follow me!