Twenty Seventeen
2017年度版公式テーマ
Twenty Nineteen
2019年度版公式テーマ
Twenty Twenty
2020年度版公式テーマ

上記の3サイトは、全てWordPressの公式テーマで作成されています。
左から2017年度の「Twenty Seventeen」、真ん中が2019年度の「Twenty Nineteen」、右端が2020年度の「Twenty Twenty」となっています。

今回、その「Twenty Twenty」を初めて使ってみましたが、昨年度のテーマ「Twenty Nineteen」とよく似たテーマであることは、前々から気がついていて、使用するのにあまり乗り気ではありませんでした。

「Twenty Nineteen」に似ているテーマの「Twenty Twenty」ですが、どの程度似ているのか使ってみて、その結果報告してみました。どうせ似たサイトを作るなら一層のこと「Twenty Nineteen」で作成済の「藤心WordPress塾」サイトをコピーして作成することにしました。

上記3テーマの共通した特徴は?

「サイドメニュー無しの1カラムサイト」で完全にスマートフォン対応に特化したデザインと言える。この傾向は2017年度版から4年間(途中2018年度版は存在しない)継続しており、果たして来年2021年度版は、どのようなデザインになるのか、今から楽しみでも有り興味が尽きない話題となることでしょう。

2020年度版公式テーマだけの特徴3ツとは?

1.Cover Template

2019年度版と同じイメージにするためにいろいろと施行錯誤した結果、ページ属性のテンプレートを「デフォルトテンプレート」から「Cover Template」に変更しないと実現できないことが分かりました。(左記)
そうすることで、各ページ毎に設定したアイキャッチ画像が表示されることが分かりました。

2.オーバーレイ背景色

各ページのアイキャッチ画像に、2019年度版のような青色の背景オーバーレイをかけるには、テーマのカスタマイズの「カバーテンプレート」で、「オーバーレイ背景色」を任意のカラーに設定する必要があります。今回は、鴬色に設定してみました。(左記)

3.伸縮セクション:ON

そして2019年度版と同様に狭いコンテンツ横幅を拡張して使用するために、各セクション単位に「伸縮セクションをON」に設定することで、ほぼ2019年度版公式テーマと同じ仕様になりました。(左記)

もうひとつのTwenty Seventeen

左記のサイトも「Twenty Seventeen」で作成したサイトですが、前記で紹介済の「Twenty Seventeen」サイトと違うところは、サイトのカスタマイズでの色設定で「ダーク」を選択することで、背景色ブラックのサイトが作成されます。

藤心WordPress塾は最強トリオで開催します。

1.WordPress

将来性、拡張性、10年先にも存在する最強のCMSツールがWordPressです。

2.Elementor

そのWordPressのハードルを下げる最強のページビュルダがElementorです。

3.リモート会議

ZoomやG-Meet等を使った最強のレッスンをリモート会議で開催します。

即ち、藤心の制作代行は、WordPressのElementorで制作代行し、制作したWordPressページを教材に、オンラインWeb会議のZoomやGoogle Meet等を使った個人レッスンを開催することが最大且つ最終目標となります。

Follow me!