当方のWebサーバーはXサーバーですが、つい最近、サーバーのプラン名称が、下記のように変更されました。
X10⇒スタンダード
X20⇒プレミアム
X30⇒ビジネス

当方が使用しているプランは、スタンダード・プランですが、現在、2021/10/14 (残りあと5日)までの間で、キャンペーン価格が適用されていて、かなりお安く契約でき、今が入会のチャンスかなと思います。
料金 | レンタルサーバーならエックスサーバー (xserver.ne.jp)

そのスタンダードプランですが、旧プランのX10では、MySQLの数50個の制限が無くなり無制限となりました。当方の使用MySQL数が現在41個だったこと考慮すると誠に嬉しい限りです。

言い換えると、WordPressサイトに必須となりますデータベースが最大50個までだったのが無制限に使用できるというWordPressユーザーにとっては朗報と言えます。そのような環境下でWordPressサイトを簡単かつ安全にバックアップする方法を紹介します。

何故、バックアップ後のバージョンアップが必要なのかが分かる関連記事を紹介します。
バックアップ処理も大事な作業ですが、同時に実行すべきこと一つが、プラグイン等のバージョンアップ処理になります。
もし仮にそのバージョンアップに不具合があって、サイトが正しく閲覧出来ない場合に、バックアップしたファイルより復元処理をして、バージョンアップ前の状態に戻す必要が生じます。従って、バージョンアップする直前の状態をバックアップすることが大事なのです。

当方のサイトは全て「Xサーバー」に変えました。

筆者のサーバーは、2017年よりXサーバーを使い始めました。それ以後、ロリポップとの併用使用となっていましたが、2020年4月のロリポップとの契約更新をせず、以後は、Xサーバーだけでの運用となったわけです。

ロリポップより分かり易い「Xサーバー」満足です。

Follow me!