画像編集/消したい部分を消す方法

画像編集ツール「PhotoScape」には、「ペイントブラシ」という機能があります。
文字通り指定した色で画像の一部分を塗り潰す機能です。
塗り潰す前に「カラーピッカ」という機能で塗り潰す色を画像から選択します。
この「カラーピッカ」と「ペイントブラシ」の2ツで画像の中の不要部分を消したりします。HPの画像編集でよく使われるテクニックです。
今回、Windows-10のログイン画像を使った画像編集の応用例を紹介します。

今回、画像編集に使用した「カラーピッカ」と「ペイントブラシ」は PhotoScapeのツールタブ内にあります。(右図)

尚、以降の画像は、画面の上でクリックすると元のサイズに拡大されます。

画像編集前のBefore画像

上の写真で消したい部分は、画面の左下の日付と時刻表示と、画面右下のアイコンです。

画像編集後のAfter画像

日付と時刻及び右下のアイコンが見事に消えています。

画像編集前のBefore画像

この画面で消したい部分は、画面左上のゴミ箱のアイコンです。

画像編集後のAfter画像

画面左上のゴミ箱アイコンが見事に消えています。