QHMは開発中止/haikは継続開発

QHM(haik)の最新情報

QHM(haik)のメーカーである北摂情報学研究所のtoieeメールから読み解くQHM(haik)の方向が定まりました。旧QHMはVer5.3を最終バージョンとして以後バージョンアップをしない、即ち「開発中止」は一年前の計画通りとなりました。

それに対してhaikは開発チームも新たに結成される計画で「継続開発」が決まりました。即ち、Ver6.0未満のQHMユーザーの取るべき対応が以下のように方向づけられたと言うことです。

  1. 旧QHMを捨ててWordPress等の他ツールに乗り換えるか?
  2. QHMをVer6.0にバージョンアップしてhaikに移行するか?

上記の二者択一しかないのです。前記の2の場合がQHM(haik)を使い続ける唯一の選択肢となりますが、当パソコン倶楽部のHPは、ご存知のように既に前記の1を選択しWordPressに移行しました。

ここで当クラブの会員の皆様に問うことになりますが、現在(いま)ならhaik_gokuで一時試作した当HPをQHM(haik)に戻すことも可能です。私は現在迷っています。このままWordPressで行くべきなのか、或いは元のQHM(haik)に戻すべきなのか?

haikそのものが継続開発の方向で、これから先も存在し得るのなら、使い慣れたQHM(haik)に戻すことも有りかなと思っております。WordPressに比べたら遥かに優しいQHM(haik)は、正直言って捨てるには惜しい存在でもあります。

Follow me!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください