フォームズを極める

何故フォームズなのか?

つい最近、当サイトのHP制作代行見積依頼の入力フォームを、QHMの自動返信メールフォーム(Qform)から、有料のフォームズに切り替えました。何故そうしたのかですが、QHMの自動返信メールフォームのいくつかの仕様に不満があって、どうしてもQHMでは実現できなかったことが少なからずあったからです。

QHMを推奨する筆者としては、あまり書きたくない投稿記事ですが、QHMの自動返信メールフォームへの不満は、私以外にも多くのユーザーが同様な不満を持っていると思います。今回は、その辺を激白してメーカーへの改善点提起となれば幸いです。

セレクト項目の表現方法に大きな違いがあります

セレクト項目とは、下図をご覧頂ければ賢いユーザーなら推測できるかと思いますが、複数選択可能なチェックボックスです。その表現方法に、フォームズとQHMでは大きな違いがあります。

QHMの自動返信メールフォームでは

有料のフォームズでは

どこが違うか?

一目見てお分かりかと思いますが、セレクト項目の表示が有料のフォームズでは整然と並んでいますが、QHMの自動返信メールフォームでは整然とは言えない表示です。これだけでQHMを辞めてフォームズに切り替える動機となりました。
それと全てのカスタム項目に言えることですが、補足説明文(フォームズの赤字のところ)の文字サイズがQHMでは小さ過ぎて見え難い。その文字サイズを制御できれば良いのですが、現実には制御できないのも不満の一つです。

セレクト項目の表現方法・その2

QHMの自動返信メールフォームでは

(クリックして拡大!!)

有料のフォームズでは

どこが違うか?

前記と同じで、特にコメントすることはありません。
ちなみに、有料のフォームズでは、複数あるセレクト項目を1行に何列表示するかの設定ができます。
前記の事例では1行に2個表示の設定をしています。それ故、複数のセレクト項目が整然と整列できるのです。

電話番号の表現に大きな違いがあります

QHMの自動返信メールフォームでは

有料のフォームズでは

どこが違うか?

QHMの自動返信メールフォームでは、電話番号は独立したカスタム項目になっておらず、単なるテキスト項目としてしか設定できません。それに対して、有料のフォームズでは電話番号というカスタム項目が用意されており、表記のようなフォーマットがごく当たり前の仕様で設定できます。

日付や時間表示に大きな違いがあります

QHMの自動返信メールフォームでは

有料のフォームズでは

どこが違うか?

前記の電話番号の件と同様ですが、QHMの自動返信メールフォームでは、日付(時間を含めて)等は独立したカスタム項目になっておらず、単なるテキスト項目としてしか設定できません。それに対して、有料のフォームズでは日付項目というカスタム項目が用意されており、表記のようなフォーマットがごく当たり前の仕様で設定できます。

フォームズに関する個人レッスン

ただ今、フォームズに関する個人レッスンを開催しています。
柏市までご足労願える方を対象にフォームズの全てをレクチャー致します。